目の健康のため、ブルーベリーを取り入れています

最近、パソコンを利用する時間が長いせいか、視力が悪くなっているような気がしていました。そこで、友人に勧められてブルーベリーを食べるように意識するようになったんです。最初は自分で作ったジャムをトーストやパンケーキに塗って食べたり、ヨーグルトに添えて食べていました。でも、もっと他に美味しい食べ方があるのではないかと思い、料理本や雑誌をチェックしてみると、簡単に作ることができるブルーベリーを使って作るアイスクリームのレシピを見つけました。家にある材料で簡単にできるから、手間もお金もかかりません。しかも、暑い季節のアイスクリームは非常に美味しく、家族にも大変好評なんです。ブルーベリーを飽きずに毎日食べることができるようになったし、デザートの楽しみも広がりました。これからも目のことを考えて、毎日食べていきたいと思っているところです。

ブルーベリーは1日何粒食べると良いか

健康のためには何をどれだけ食べないといけないと言われることがあります。その量が通常食べる量であればいいのですが、それよりもかなり多い場合があります。となると食べることができません。別の食品から摂取をするか、健康になるのを諦めるかになります。ブルーベリーは体に良い食べ物として知られています。形は丸い粒状のものです。目にいいと言われますがどれくらい食べないといけないかです。量としては20粒から30粒ぐらい食べる必要があると言われます。決して無理な量ではないですが、それだけを食べるのは少し大変かもしれません。それも毎日です。他の食べ物なども食べたいでしょう。そこでサプリメントを利用することが多いようです。サプリメントの場合、一粒で1日に摂取するといい栄養素がつまっています。薬のように飲むことができるので、他の食品とは別に食べることができます。

友人が毎日ブルーベリーを食べています

先日、学生時代から仲のよい友人の家に遊びに行きました。すると、とっても美味しいデザートを食べさせてくれたんです。ブルーベリーで作った手作りムースだったのですが、甘酸っぱくてなめらかで感激しました。詳しく話を聞いてみると、最近目の疲れが気になっていたので、毎日ブルーベリーを食べるようになったと教えてくれたんです。そのまま食べるだけではどうしても飽きてしまうということで、自分なりにたくさんのレシピにチャレンジしていると言っていました。ブルーベリーを毎日食べるようになってからは目の疲れもやわらいで、物を見るのが楽になっているようです。実は私自身も学生のころから目が弱く、視力が悪いのが悩みなんです。友人の話を聞いて、私も毎日の食事に取り入れていきたいと思うようになりました。今度、時間があるときに、友人おすすめのレシピを紹介してもらおうかと考えています。

Comments are Closed on this Post