にんにく卵黄でがん予防

私は今年で30歳になりますが、生まれてからいままで一度も大きな病気にかかったことがありません。もちろん軽い風邪や熱が出たことはありますが、インフルエンザであったり、入院するほどの重症な病気はありません。小学1年生から大学4年までずっとサッカーを続けていましたので、体力には自信があり、健康な身体でいられたのはスポーツのおかげです。しかし、いま私はあるひとつの病気に不安を抱えています。それは癌です。日本人の死亡原因の1番が癌になり、全体の約40%を占めているそうです。

なぜ私が癌を恐れているかというと、私の祖母、祖父、父がみんな癌になっている癌家系だからです。生まれてからずっとスポーツを続け体力に自信があるといっても、遺伝とあらばやはり不安になります。昨年、綺麗なお嫁さんと結婚して、来年には第一子が生まれる予定で、仕事もこれからもっともっと頑張っていかなければならない中で、いつなるかわからない癌に怯えながら生きていくのは辛いものです。なんとか癌にならない方法、なんとかこの不安な気持ちを解消できる方法はないかと考えました。体力を維持し続けるのは当たり前で、いまも週に1回会社のフットサルと、土曜日は近所のトレーニングジムに行き、汗を流しています。その他できることとして食事に気を使うようにしました。ただ、野菜をたくさん食べるや、1日3食摂るではなく、癌予防になるものを食べようと決めました。やれるだけのことをやって癌予防ができれば、遺伝とはいえ簡単に癌にはならないだろうと思いました。

癌の予防に効くであろうものを色々ネットで調べました。最近ではフコイダンと呼ばれるものなんかも流行っているようですが、如何せん価格が高く、手が出せませんでした。もっと値段が安く、かつ簡単に摂取できるものはないかと調べていると、にんにく卵黄が良さそうだと感じました。にんにくにはジアリルトリスルフィドという成分があり、これは癌の細胞を抑制する働きがあるそうなので、直感でいいなと思い、にんにく卵黄を買いました。粒タイプで飲みやすく、毎日2粒飲んでいます。継続的に飲み続けることで、癌細胞をずっと抑制し続け、最終的には癌にならないんじゃないかと思っています。そんな都合のいい話はあるか、と自分でも思いますが、何もしないで癌になるよりは万全の予防をして、日々の生活を生きた楽しいだろうと思いますので、死ぬ前飲み続けたいです。””

Comments are Closed on this Post